スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2019年12月30日

【BEST OF 2019】

今年も年の瀬にどーもー◎

またまた大変ご無沙汰しておりましたm(_ _)m

8ヶ月以上振りの更新です(猛爆)

もはや誰も見ていないであろうこのBLOG。

全くもって求められておりませんが、昨年に引き続き完全なる私の主観で選んでみた本年(2019年)中にリリースされたアーティストのALBUM BEST 10をご紹介したいと思います。

ご興味のある方だけどうぞー♪( ´θ`)ノ



ーーーーーーーーー

【第10位】
THERE'S A LOT OF IT ABOUT/SNUFF

ご存知UKメロディックパンクの雄。相変わらず“節”が炸裂しまくっていてとても安心。彼等の曲はもはや特許級のオリジナル。コレぞGOD。



【第9位】
RAILER/Lagwagon

メタルよろしくのギターリフとコーラスワークが際立つ一枚。まだまだ最前線にて現役を貫いている。全然攻めています。



【第8位】
SONGS OF ARMOR AND DEVOTION/STRUNG OUT

ドラムがジョーダンからRJに交代し、高速プレイにも拍車が掛かった一枚。まさに黄金期が戻って来た感アリアリの快作。



【第7位】
SOS/MILLENCOLIN

スウェーデンメロディックパンクの雄。長きに渡り古巣Epitaphからリリースし続けているという事も嬉しいです。



【第6位】
兼愛非攻~台灣特選輯~/BRAHMAN

台湾版BEST。タイトルにもなっているFire EX.とのコラボ曲以外全て既発なのに曲順がそう感じさせない。それはまさにLIVEを観ている様。



【第5位】
Always with my dream/Track’s

期待を裏切らない2nd MINI。間違いなく次世代を担う名盤。FULL ALBUMの発売が待ち遠し過ぎます。



【第4位】
same note/LABRET

メンバーがフロントの兄弟2人になってからもコンスタントにリリースを続けてくれるLABRET。いつも活動を見守っています(←WEB上でww)。相変わらずメロディーがどツボ過ぎ。



【第3位】
WE'LL BE THE NEXT/FIVE STATE DRIVE

間違いなくLIVEが盛り上がりまくる楽曲陣。随所に散りばめられたニヤリとさせられるフレーズ。“あの頃”を彷彿とさせるニオイがプンプンし狂っている為、我々おじさん達もアガらずにはいられません。



【第2位】
...out of this world 6/V.A.

全60バンド収録!1バンド一曲60秒以内!...この手の謳い文句だとだいたいその昔FAT WARECK CHORDSからリリースされたV.A.「Short Music For Short People」が引き合いに出されるものですが、この作品はちと違った!曲順がバンド名の50音順!全くもって捨て曲ナシ!STEP UP(RECORDS)愛に溢れている曲多数!そしてリアルな話、定価2,500円(税抜)とインディーのコンピにしては攻めた価格ですが、全然O.K.!久々にシビれたコンピに出会いました!



【第1位】
Greatest Not Hits/COUNTRY YARD

「名盤」以外の言葉が見つからない作品。「10.Alternative Hearts」の「The Beatlesに出会った時 物語は変わった/S e x Pistolsを聴いた時 物語が変わるんだ/車のラジオからはOasisが流れてた 物語は変わった/NOFXが学校で流れた時 確かに物語が変わったんだ」という歌詞がこのバンドのルーツを物語っている事が容易に想像出来ます。間違いなく今年後期のヘビーローテーション作品でした。

ーーーーーーーーーー



はい、

という事で、ご紹介させていただきました、私の【BEST OF 2019】。

如何でしたでしょうか。

懲りずに来年の年の瀬も開催する事をココに宣言しておきます(爆)  

Posted by 高野@NDS at 19:54Comments(0)MUSIC