スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2017年01月10日

続・Hi-STANDARD愛

↓先日投稿したコチラのBLOGの続きです。
Hi-STANDARD愛

ーーーーーーーーーー

ハイスタが昨年10月に、約16年半振りとなるNEW MAXI SINGLE「ANOTHER STARTING LINE」を事前告知なしでリリースして世間を驚かせたのは、音楽ファンであればもはや承知の事実。

万が一、知らない方は大至急コチラ↓をご覧ください。
Hi-STANDARDの“告知なし新作リリース”はなぜ事件か? 石井恵梨子による緊急寄稿

その2ヶ月後の12月7日には、COVER SINGLE「Vintage & New, Gift Shits」がリリースされました。

今更ながらまず、「ANOTHER STARTING LINE」のリリース方法ですが、ハイスタは似たような事を20年程前にも行なっています。

それに関して、インターネットでなんとなーく情報を得ている方も多いと思いますが、その当時の詳細を知っている方は少ないと思うので、私がお教えしましょう。

何故なら、当時私は自動車学校部門とは当社が別に経営していたCD SHOP(現在は閉店)でバイヤーをしていたのです!(←本当)



当時はまだインターネット普及前夜的な時代でした。

なので、メーカーや問屋さんからのニューリリース情報は、FAXか郵便がメインでした。

とある日、インディーズの音源を取り扱う某問屋さんよりいつものようにリリース情報の郵便が届きました。

何枚も何枚もあるリリース情報を一枚一枚見ていくと、「I DON'T NEED TROUBLE BECAUSE OF….MONEY」のリリース情報がありました。

メーカー(PiZZA OF DEATH RECORDS)さんからは、情報解禁日までリリース情報は流さず、店舗に足を運んだお客さんだけが分かるというシステムにしたいという旨の記載があったと記憶しています。

なんて心ニクいリリースの仕方なんだ!と思いました。

当時、CD全盛期にあえての7''EPでのリリース。

国内外問わず、アンダーグラウンド界隈のバンドの7''リリースはまぁありましたが、ハイスタ程の(当時でも)ビッグバンドとなると話は別。

・・・完全に震えました。

イニシャルオーダー(※)割れ確実のこのリリースに確か70〜80枚発注したと思います。

(※)初回注文の事。限定の人気タイトルは発注枚数は納品されず、各店舗の発注した枚数に応じて、限定枚数を振り分けされる事があります。その状況を業界的に「イニシャル割れ」と言っていました。

納品されたのは、12〜13枚ではなかったでしょうか。

ほぼ常連さんの手に渡りましたが、1〜2枚はたまたま目にされたお客さんが購入されたと記憶しています。

コレが現物の画像(私物)↓

<オモテ>

SIDE A
MONEY CHANGES EVERYTHING

<ウラ>

SIDE B
THE SOUND OF SECRET MINDS(ALBUM収録とは別Ver.)

文字通り、擦り切れる程聴いております(爆)



その約11ヶ月後・・・



今度は、ドイツのメロディックパンク・バンド「WIZO」とのスプリットシングルがリリースされます。

コレ、結構知られていないんですが、このシングル、ドイツ盤はCDでリリースされているんです!

私の記憶が確かならば、国内盤7''EPリリースの前にドイツ盤CDがリリースされたと思います。

いずれも限定でした。

国内盤7''EPは、上記の「I DON'T NEED TROUBLE BECAUSE OF….MONEY」と同様のリリース方法でしたが、ドイツ盤CDは可能な限り何度か入荷出来たと記憶しております。7"EPとCD、全部で100枚以上は販売したかなー。

コレが現物の画像(私物)↓

<オモテ>

タイトルの正式名称は「SUSHI&SPATZLE-X-MAS-SPLIT-EP」。画像左が国内盤7''EP、画像右がドイツ盤CD。

<ウラ>

画像左が国内盤7''EP、画像右がドイツ盤CD。

WIZO
1.Santa Claus Is Coming To Town
2.Weiter

Hi-STANDARD
3.Happy X-Mas(War Is Over)
4.Lift Me Up, Bring Me Down(ALBUM収録とは別Ver.)

※収録曲は7"EPもCDも同様です。

・・・と、このように、「I DON'T NEED TROUBLE BECAUSE OF….MONEY」と「SUSHI&SPATZLE-X-MAS-SPLIT-EP」の発売は各店のバイヤーまでは知っていたのです!

なんだったら、バイヤーと仲の良い人(例えばその家族や友人)やお店の常連さんぐらいは事前に知る事が出来たのです(ま、先に述べたように、インターネット普及前夜的な時代だったので事前に情報拡散される事はありませんでした)。

なので、「ANOTHER STARTING LINE」のリリース方法がいかにスゴい事だったかというのが、よーく分かりますよね。

・・・で、「I DON'T NEED TROUBLE BECAUSE OF….MONEY」と「SUSHI&SPATZLE-X-MAS-SPLIT-EP」に収録されていた幻の2曲が「Vintage & New, Gift Shits」に収録されたという・・・ね。

それに関して、私が完全に感涙なので、「I DON'T NEED TROUBLE BECAUSE OF….MONEY」と「SUSHI&SPATZLE-X-MAS-SPLIT-EP」を持っていないファンの方は大号泣モンだと容易に察する事が出来ます。



はい、

何言ってるのか分からない人は完全にポカーンですねww

置いていきまーす(笑)



っつー事で、

万が一続きの要望があればまたの機会に・・・  

Posted by 高野@NDS at 22:51Comments(0)MUSIC

2017年01月02日

Hi-STANDARD愛

ココ数ヶ月程前からHi-STANDARD(以下、ハイスタ)が何かと世間を騒がせているというのは、ロックファンであれば承知の事実。

90年代のハイスタを知らない10代20代の方々から「最近ハイスタを知ったけど、どの音源を購入すればいいのか分からない」という声を受けた訳ではないですが、これより親切の押し売りをしたいと思います(笑)

まず、ハイスタとはなんぞやとかその辺の情報は知っている事を前提に読んでいただけたらと思います。

あっ、万が一ハイスタを知らない方!アナタが好きなBANDも辿っていけば必ずハイスタに影響を受けていると思いますよ!



それでは、どーぞー。

ーーーーーーーーーー


1st MINI ALBUM【LAST OF SUNNY DAY】

収録曲
1.WHO'LL BE THE NEXT
2.DIGGING UP THE GROUND
3.SUNNY DAY
4.FALL
5.YOU AND ME
6.HEAD OVER HEELS

【補足】
私が持っているのはセカンドプレス以降のものですが、初回プレス盤はジャケットの写真が権利関係で発売後1ヶ月程で回収されました。持っている方は超レア。否、鬼レア。
実は、後々流通が変更された為、インディー流通盤とメジャー流通盤で品番が異なります。
※いずれも内容は同様。

ーーーーーーーーーー


1st FULL ALBUM【GROWING UP】

画像左:国内盤
収録曲
1.MAXIMUM OVERDRIVE
2.LONELY
3.SUMMER OF LOVE
4.SINCE YOU BEEN GONE
5.WAIT FOR THE SUN
6.TELL ME SOMETHING,HAPPY NEWS
7.GROOVY CREW
8.SATURDAY NIGHT
9.CALIFORNIA DREAMIN'
10.SELFISH GIRL
11.I'M WALKIN'
12.NEW LIFE
13.KISS ME AGAIN
14.IN THE BRIGHTLY MOONLIGHT
15.GROWING UP

【補足】
海外盤とはジャケ・曲順・若干収録曲が異なります。
海外盤収録の「WAIT FOR THE SUN」「SUNNY DAY」の2曲が収録されていません。
シークレットトラック収録。

・・・・・・・・・・

画像右:海外盤
収録曲
1.SUMMER OF LOVE
2.WAIT FOR THE SUN
3.WHO'LL BE NEXT
4.LONELY
5.SATURDAY NIGHT
6.I'M WALKIN'
7.MAXIMUM OVERDRIVE
8.GROWING UP
9.TELL ME SOMETHING, HAPPY NEWS
10.NEW LIFE
11.SINCE YOU BEEN GONE
12.KISS ME AGAIN
13.SUNNY DAY
14.IN THE BRIGHTLY MOONLIGHT

【補足】
国内盤とはジャケ・曲順・若干収録曲が異なります。
「2.WAIT FOR THE SUN」と「13.SUNNY DAY」は新録です。
国内盤収録の「GROOVY CREW」「CALIFORNIA DREAMIN'」「SELFISH GIRL」の3曲が収録されていません。

ーーーーーーーーーー


7’’EP【California Dreamin'】

海外盤のみ
収録曲
1.California Dreamin’
2.Lonely
3.Wait For the Sun

【補足】
現在は入手困難になっているようです。
因みに裏ジャケは当時(今も)世界的に有名だった日本のスリーピースガールズロックバンド「少年ナイフ」をパロっています(笑)コレは決してディスではなく、当時海外では日本人のスリーピースロックバンド=少年ナイフというイメージが強かった為、ある種リスペクトの意味も込められていたのだと思います。

「私達は少年ナイフではありません!」(笑)

ーーーーーーーーーー


MAXI SINGLE【THE KIDS ARE ALRIGHT】

国内盤のみ
収録曲
1.The Kids Are Alright 
2.Close To Me
3.My Heart Feels So Free

【補足】
ロックファンなら一見して分かると思いますが、ジャケはあのBANDのパロディーです。タイトル曲はザ・フーのカヴァー。

ーーーーーーーーーー


2nd FULL ALBUM【ANGRY FIST】

画像左:国内盤
収録曲
1.START TODAY
2.ENDLESS TRIP
3.FIGHTING FISTS, ANGRY SOUL
4.SHY BOY
5.MY HEART FEELS SO FREE
6.STOP THE TIME
7.HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN
8.MY SWEET DOG
9.SPREAD YOUR SAIL
10.PATHETIC MAN'S SONG
11.GOTTA PULL MY SELF TOGETHER
12.CLOSE TO ME
13.SUNSHINE BABY
14.THE SOUND OF SECRET MINDS

【補足】
海外盤とはジャケ・曲順・若干収録曲が異なります。
「5.MY HEART FEELS SO FREE」「12.CLOSE TO ME」は新録です。
海外盤収録の「THE KIDS ARE ALRIGHT」が収録されていません。
シークレットトラックで「PINK PANTHER」収録。

・・・・・・・・・・

画像右:海外盤
収録曲
1.Fighting Fists, Angry Soul
2.Stop the Time
3.Endless Trip
4.My Sweet Dog
5.Shy Boy
6.My Heart Feels So Free
7.The Kids Are Alright
8.Gotta Pull Myself Together
9.Start Today
10.Sunshine Baby
11.Pathetic Man's Song
12,Have You Ever Seen The Rain
13.The Sound Of Secret Minds
14.Spread Your Sail

【補足】
国内盤とはジャケ・曲順・若干収録曲が異なります。
「6.My Heart Feels So Free」と「7.The Kids Are Alright」は新録です。
国内盤収録の「CLOSE TO ME」が収録されていません。
シークレットトラックで「Pink Panther」収録。

ーーーーーーーーーー


3rd FULL ALBUM【MAKING THE ROAD】

画像左:国内盤
収録曲
1.TURNING BACK
2.STANDING STILL
3.TEENAGERS ARE ALL ASSHOLES
4.JUST ROCK
5.DEAR MY FRIEND
6.STAY GOLD
7.NO HEROES
8.GLORY
9.PLEASE PLEASE PLEASE
10.GREEN ACRES
11.CHANGES
12.MAKING THE ROAD BLUES
13.TINKERBELL HATES GOATEES
14.LEFT ME UP DON'T BRING ME DOWN
15.PENTAX
16.NOTHING
17.MOSH UNDER THE RAINBOW
18.STARRY NIGHT
19.BRAND NEW SUNSET

【補足】
海外盤とはジャケ・若干収録曲が異なります。
海外盤収録の「CROWS」が収録されていません。
シークレットトラックで「SE XY GIRLFRIEND」収録。

・・・・・・・・・・

画像右:海外盤
収録曲
1.TURNING BACK
2.STANDING STILL
3.TEENAGERS ARE ALL ASSHOLES
4.JUST ROCK
5.DEAR MY FRIEND
6.STAY GOLD
7.NO HEROES
8.GLORY
9.PLEASE PLEASE PLEASE
10.GREEN ACRES
11.CHANGES
12.MAKING THE ROAD BLUES
13.CROWS
14.TINKERBELL HATES GOATEES
15.PENTAX
16.NOTHING
17.STARRY NIGHT
18.BRAND NEW SUNSET

【補足】
国内盤とはジャケ・若干収録曲が異なります。
「13.CROWS」は、bloodthirsty butchersのTRIBUTE ALBUM【WE LOVE BUTCHERS】に収録の「CROWS COW LOUDLY」と同曲。
国内盤収録の「LEFT ME UP DON'T BRING ME DOWN」「MOSH UNDER THE RAINBOW」が収録されていません。

ーーーーーーーーーー


MAXI SINGLE【Love is a Battlefield】

画像左:国内盤
画像右:海外盤
収録曲
1.This Is Love
2.My First Kiss
3.Catch A Wave
4.Can't Help Falling In Love

【補足】
国内盤・海外盤共に収録曲は同じです。
ジャケに(印刷上の都合だとは思いますが)若干の色味の違いがあります。
あとは、国内・海外でリリースレコードレーベルが異なるのでレーベルロゴ表記の違いがある程度です。
やはりファンならば両方コレクションしたいところですね。


ーーーーーーーーーー

はい、一応、リリース順にご紹介させていただきましたー◎

CD SHOPやONLINE SHOPなんかで上記のような違いが掲載されているケースを見掛けなかったので、ハイスタの入りの参考になればと思いまして、僭越ながらご紹介させていただきました。

その他、レア盤やVINYL、VHSやDVD、参加コンピ等紹介していったらキリが無いと思ったので、割愛させていただきます。

・・・ってか、そんなファンなら検索したりするでしょ!フツーに!(笑)

ま、要望があればいずれ・・・

※ハイスタに止まらず、メロディックパンク系BANDの事はまーそこそこ語れると思います(ヒント:年の功)  

Posted by 高野@NDS at 22:36Comments(0)MUSIC

2016年01月03日

No Use For A Name

※注:久々にマニアックな投稿となりますので、予めご了承ください(爆)
ーーーーーーーーーー

No Use For A Name(以下NUFAN)が大好きだ。

Twitterではちょいちょいつぶやいているので、バンドネームだけはご存知の方もいらっしゃると思います。



NUFANをご存知ない方はコチラをどうぞ↓

Official Website

Wikipedia



彼等の虜になったのは、今から20年程前になるだろうか。

名曲「Soulmate」のMVを見た事がキッカケだった。


No Use For a Name - Soulmate

ちょっと盛り気味に言うと、もう何万回も観た(←盛り過ぎww)

1990年以降にリリースされた彼等の単独・スプリット音源は全て持っている。


「Soulmate」が収録されているORIGINAL ALBUM「Leche Con Carne」は当時擦り切れる程聴き狂いました。

1997年にはJAPAN TOUR(w/Hi-STANDARD)で今はなき「新潟PHASE」にてLIVEを行なう予定だったが、ボーカル/ギターのトニー・スライの極度の飛行機嫌いによりドタキャン(笑)

それ以前もNUFANは日本公演を何度かドタキャンしており、ある程度の覚悟はしていたが、ドタキャンがアナウンスされた時はさすがに「もーっ!」ってなったのを覚えている(爆)

その日は、急遽HUSKING BEEがピンチヒッターに選ばれ、LIVEは行われた。


NUFANがドタキャンしたお詫びに配布されたTシャツ。左胸にワンポイントのみのかなりチープな作りでワンサイズのみ(爆)今でも大切に保管している(←小さくて着れないからww)

チケットをGETし、激しく楽しみにしていたこの日のLIVE。

なんだかんだあったけど、今となってはそれもイイ思い出だ(NUFANは観れてないけどww)



その後も変わらずコンスタントな活動を続けていたNUFAN。

ある時、衝撃的なニュースが飛び込んできた。

ファンなら承知の事実だが、2012年7月31日にボーカル/ギターのトニー・スライ(41)が永眠した。

そして、NUFANは同年9月8日カナダのケベックで行われたMacadam Festivalで解散してしまったのだ。

完全にショックだった。

しかし、彼等の活動歴が長い分、正直10年20年・・・私もずっと同じテンションでNUFANを気にしていた訳ではないのも事実。

ただその後、某動画サイトでNUFANにまつわる動画がUPされまくった事により、私の中でNUFAN熱が再熱した。

更に、FAT WRECK CHORDSからのオフィシャルトリビュートアルバムがリリースされてから加速度的にトニーの死を惜しむ事となった。

参加アーティストがツボ過ぎる超豪華BANDばかり。

The Songs of Tony Sly: A Tribute



それから2年・・・



昨年11月、NUFANが所属しているパンクレコードレーベル「FAT WRECK CHORDS」主催の音楽フェスがココ日本で行われた。

FAT WRECKED FOR 25 YEARS

公演直前、最終の出演BANDとして、「TONY SLY TRIBUTE:No Use For A Name Cover Set」がアナウンスされた。

その少し前にアナウンスされたHi-STANDARDの出演もそうだったが、揃いにも揃った出演するメンツがメロディック・パンク・ファンには完全に事件だった。

かくなる私も土壇場でどうにか都合をつけて観に行った。

「次はもう無いかもしれない(メンツ的に)」そう思ったら行く気しかなかった。

この日、日本のメロディックパンク・シーンを牽引するBANDのメンバーやそれをサポートするSHOPの方々やリスナーが皆「お客さんとして」全国各地から集った。

友人にも沢山会った。


はしゃぐ前のオジさん(笑)



そんな、NUFANのBEST ALBUMのリイシュー版が昨年12月にリリースされているので、良かったら是非是非聴いていただきたい。
No Use For A Name/All the Best Songs(Reissue)

私は、リイシュー前のBEST ALBUMを持っているので、ココ数ヶ月は何かと聴き狂っています。

No Use For A Name/All the Best Songs



No Use For A Nameが大好きだ。

結果、

トニーが亡くなってしまってから

NUFANが解散してしまってから

彼等をリスペクトする人々の動きで

その存在の大きさを再確認する事になってしまったのが

・・・悲しい。

TONY R.I.P...



生前、トニーが自身の娘さんに向けて作ったという「For Fiona」が名曲過ぎて泣けます。

No Use For a Name - For Fiona
※歌詞も検索すればヒットすると思うので是非ご覧いただきたい。  

Posted by 高野@NDS at 16:41Comments(0)MUSIC

2015年07月05日

それは突然・・・

三週間前ぐらい前ですかね。

ま、いつものようにYouTubeで動画を観ていたんですね。


和気優 魂の弾き叫びロード №1

へぇ〜・・・ex.JACK KNIFEの和気 優さん色んな事やってんだな、スゲーな。

・・・って、それから和気さんの活動を検索し狂ってみる(^艸^)

んで、その数日後、ミュージックラウンジ花恋のママさんから連絡があったんです。

「東日本大震災の復興支援にも力を入れているミュージシャンが胎内市に来るんですけど」って。

名前聞いたら「和気 優さん」だって。

ex.JACK KNIFEの!?


JACK KNIFE ジャックナイフ 和気優 ライブ



いやいや!

行くでしょ!

フツーに!

・・・ってか、何このタイミング!wwwwwwwwwwww



これまた直前に決まった前日からの京都〜東京の出張をこなし、ギリギリ花恋さんにIN!≡;´Д`)丿

和気さんのステージは勿論の事、ステージ終了後、色んなお話をさせていただきました。

そして、この夜は様々な方々との出会いがあり、特に東日本大震災避難者の方々とのお話は本当本当にタメになりました。

到底ココでは語れない事、沢山沢山お話していただきました(※もし、興味のある方がいれば、直接私に聞いてください)。



それはそれは楽しく有意義な時間は気付けばもう何時間も何時間も経過していました。

もはや出張の疲れはどこ吹く風(笑)




ステージ終了直後にちゃっかり和気さんとツーショット(笑)


当時原宿にあったHMVさんで購入したという記憶まであるJACK KNIFEのCDとペンをしっかり持って行ってちゃっかりサインをいただくという(笑)



え〜・・・私、全くもって死ぬ気はありませんが、サイン横に「生きろ!」と書いていただいたので、断然寿命以上に生きる気力が湧きました(爆)  

Posted by 高野@NDS at 22:57Comments(0)MUSIC

2013年12月30日

Too Close To See

え〜・・・

ちょっと前(12/18)の話になりますが、

私の友人でもあり大好きかつリスペクトする茨城のBANDToo Close To Seeが前作から5年半振り、満を持しての3rd ALBUM【DAYS ALIVE】をリリースしました。


Too Close To See 3rd FULL ALBUM【DAYS ALIVE】

メロディック・パンクファンにはたまらない疾走感満載の楽曲群。

十八番のカバー曲の振り幅。

相変わらずフザケ過ぎてるお馴染みのボーナストラック(笑)

制作段階からどこをどう切り取っても、彼等がトコトンD.I.Yに作り上げた最高傑作です。



・・・もうかれこれ10年程前になるでしょうか。

彼等から届いた1st ALBUM【something nostalgic,something precious】を初めて聴いた時にも似た初期衝動を感じました。

Too Close To See【DAYS ALIVE】

今ならきっと全国各地の主要CD SHOPにて視聴出来るハズなので、未体験の方は是非是非CHECKしてみてください!



2nd COVER ALBUM【GOOD OLD DAYS】(←名盤!!!)の続編【GOOD OLD DAYS 2】のリリースを臭わす動画もUPされましたね。

Too Close To See /2013.12.18 DAYS ALIVE発売によるメッセージです。
※【GOOD OLD DAYS 】はご存知ヴィレッジヴァンガードさんなんかでは一時期かなり展開されていたので知っている方も多いのでは?






因みに、お店によってはバックプリントに6種類のネームがプリントされている「野球のユニフォーム型のラバーキーホルダー」がランダムに購入特典として付いてくるのですが、

私のは、彼等の所属レーベルCATCH ALL RECORDSの社長のネームでした(笑)
その社長の佐竹氏も友人なので、コレを手にした時どういう感情になっていいのか完全に迷走しましたww(猛爆)  

Posted by 高野@NDS at 21:51Comments(0)MUSIC

2013年10月28日

R.I.P TONY...(´;ω;`)

今から1年以上前、41歳という若さでこの世を去ったメロディック・パンク・バンドの雄NO USE FOR A NAMEのフロントマンTONY SLY氏のトリビュート盤『The Songs of Tony Sly: A Tribute』が遂にドロップしました。



参加BANDの豪華メンツも然ることながら、リリース元がNO USE FOR NAMEの所属レーベル、ご存知NOFXのB/Vo.FAT MIKEが主宰するFat Wreck Chordsというのも感慨深いです。



私が20代前半の頃CDを繰り返し繰り返し聴き狂い、MV(当時VHS)も擦り切れる程観まくった大好きなBAND、NO USE FOR NAME。

敬愛する大ベテランシンガー、TONY SLY。

収録BAND達の愛を感じずにはいられない珠玉の1枚です。




もはや涙ナシでは聴けない・・・

TONY SLY並びにNO USE FOR NAMEをご存知なかった方には、是非この機会に聴いていただきたいです。



因みに私は、TONYが唄うNO USEの“BLACK BOX”という曲のアコーステック・ヴァージョンが死ぬ程好きです。

Black Box - Tony Sly & Joey Cape (Acoustic Volume Two)  

Posted by 高野@NDS at 23:04Comments(0)MUSIC

2013年05月03日

2013年01月22日

さてと・・・久し振りにマニアックな話でもしようか

昨年の夏、一夜限り結成されたSSB(スーパーセッションバンド)。

メンバーは、HIKAGE(THE STAR CLUB)、NAOKI(SA)、PON(LAUGHIN'NOSE)、TO-BU(ロリータ18号)というジャパニーズPUNK ROCK界を代表するレジェンド達!

一夜限りのFIRST&LAST LIVEの模様がノーカットでDVD化してたなんて知らなんだ!!!

初回プレス2000枚が即完売して、500枚のみ急遽追加販売したところかろうじてゲッチュー!

マジあぶねー!!!( ̄▽ ̄;)

一生後悔するトコだったZE!!!; ̄ロ ̄)


とりあえず手にしてから3回リピート再生しました(猛爆)



あー・・・もう1回観て寝よ(笑)  

Posted by 高野@NDS at 23:28Comments(0)MUSIC

2012年11月26日

興奮冷めやらぬ夜

え〜・・・

今夜はサイコーですよ!!!



ナゼなら!!!







RANCIDのPV集「The Music Videos:1993~2003」をGETしたからっっっ!!!、( ̄▽ ̄)V






いや〜・・・

2008年にリリースされ、ちょっと買い時を逃したら、国内販売が無くなってしまったのか、全っ然手に入らなくて・・・



・・・えっ?

別に興味が無い?

いやいや!

もうちょっとガマンして下さい!(笑)



マジ、4年間探しまくってたんです!!!(。>0<。)



あー・・・






嬉し!!!ヽ( ´¬`)ノwwwwww



CSやBOOTのVIDEOなんかで【Ruby Soho】とかもう5万回ぐらい観てるし!(←盛り過ぎww)


Rancid- Ruby Soho



・・・ま、ぶっちゃけYouTubeなんかでも全然公開されてると思うんで、是非是非CHECKしてみて下さいね〜∩(^∇^)∩  

Posted by 高野@NDS at 23:01Comments(0)MUSIC

2012年07月19日

オヌヌメ

最近めちゃくちゃハマってるBANDのCDをご紹介したいと思います。


3styleの1st FULL ALBUM「Japanese Anomie」。

一見ジャケはメタルっぽい感じがしますが(笑)、なかなかのどストレートなメロディックパンクが炸裂しています。



そして、

MVの曲が良過ぎます(*゚▽゚)ノ


3style「Wagokoro」MV


3style「Way」MV



私的にかなりのヘビーローテーション具合ですww

興味のある方は是非是非CHECKしてみて下さいね♪  

Posted by 高野@NDS at 22:27Comments(0)MUSIC